街を持つ人

不動産投資にはリスクが付き物|安全に運営するヒント

空室を恐れずに投資

男性

不動産投資はリスクヘッジを行う事が重要で、保証会社を利用して家賃保証や管理まで一括で委託する事が可能です。不動産投資初心者は、特にリスクヘッジを意識した投資を行い、もしもの場合に備えた運用をしてみましょう。

付き合う相手が重要です

紙幣

不動産投資をするのであれば、優秀な不動産仲介会社を選びましょう。簡単に見分け方として、オーナー自身が明らかにリスクが高いと判断できる投資物件を不動産仲介会社に持ち込んでみて相手の反応を見るという方法があります。

まずは3点押さえよう

男の人

不動産投資はミドルリスクミドルリターンの投資手法と言われていますが、大家の工夫次第ではリスクをもっと小さくすることもできます。まずは不動産投資のリスクについて整理しておきましょう。不動産投資のリスクはいくつかありますが、少なくとも3点を押さえておきましょう。1つ目は空室です。空室が発生してしまうと、収入が途絶えてしまい、投下資金の回収ができないどころか、管理費や修繕積立金の支払いを大家の財布から行わなければならなくなります。2つ目が滞納です。滞納が発生した場合にも空室と似た状況が起こりますが、さらに滞納者を追い出したり、説得して家賃を徴収するという手間も発生します。3つ目が資産価値の下落です。不動産価格は経済情勢と共に変化します。そのため、買った時よりも値上がりしていることもあれば、値下がりしていることもあります。空室や滞納のリスクを小さくするためにはサブリースという契約方法が有効です。サブリース会社とマスターリース契約を結べば、空室になろうと滞納が起ころうと、そのサブリース会社が家賃を支払ってくれます。入居者とのトラブル解決や入居者の募集はサブリース会社がすべて行います。また、資産価値の下落を防ぐためには、人口が増加しているエリアにあり、管理の行き届いた物件を選ぶことが効果的です。このような物件は入居者も早く決まるため、空室リスクにも効果があります。不動産投資をする際には、これらのポイントを押さえながら物件選びをしてみましょう。

初心者に適しています

男の人

不動産投資には空室のリスクがつきまといます。保有物件を増やしていけば、空室リスクも小さくなっていきます。もし、保有物件をどんどん増やしていくことが難しいようであれば、代わりに上場不動産投資信託に投資をすることをお勧めします。